痛くない付け方とは?

カラコンを付ける時に、痛かったりするのではないかと怖いイメージを持つ人もいますが、カラコンは正しい付け方さえ守っていれば、痛いということはありません。カラコンを付けて痛いと思ったら、付け方が間違っているか、目やレンズに何か異常があるかです。カラコンをつける時は、必ず正しい付け方で、目を傷めないよう注意しましょう。

カラコンをつける時に痛みを感じる原因として、しっかり手を洗っていないため、カラコンのレンズにゴミや汚れがついていて、それが目に触れて痛みに感じる場合があります。カラコンを付ける前には、必ず手を洗いましょう。また、カラコンは非常にデリケートなので、表と裏が間違っていたり、小さな傷や亀裂が入っていても目に痛みを与えてしまいます。カラコンを付ける前には、カラコンに異常がないか、しっかり確認してから付けるように気を付けて下さいね。

また、カラコンに洗浄液が残っている場合も、洗浄液が目に染みて痛みを感じる場合があります。洗浄から保存まで1本で済むタイプの洗浄液を使っている場合はこのような心配はありませんが、タンパク除去剤を使用した場合や過酸化水素タイプの洗浄液を使用している場合は、使用方法をよく確認しましょう。また、使っているカラコンが1dayタイプのものではなく、繰り返し使えるタイプのものの場合は、カラコンの管理にも注意しましょう。間違った保存の仕方をしていると、カラコンに雑菌が発生してしまい、目の痛みだけではなく、眼病になる危険が高まります。フォーチュンコンタクト