外貨預金とFX 比較、そのリスクや特徴と魅力

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、外貨預金とは日本円ではなく、外国の通貨を専門に預金するシステムの事を言います。外貨預金はUSドルだけではなく、様々な外国の通貨を預金として預ける事で、金利による利益が得られます。FX 比較の上でも、同じ外貨を相手にしていますので、一見よく似た金融商品と言えますが、実際にはFX 比較の上では、かなり異なったシステムである事がわかります。

まず、外貨預金ですが、外国の通貨を預けて金利を定期的に得る事ができますが、外国通貨の種類によって金利が大きく異なっている事です。そして、さらにうれしい事には円安になると為替差益が得られますので、二重に利益が得られる事になります。

一方でFXの場合は、取り引きによるスワップポイントによって利益を得るもので、ある意味自分の腕次第で大きく利益を得る事もあります。さらには、為替変動でも利益を得る事が可能です。二つの違いは、これだけではなく、まずFXの方は取引手数料がかなり安い事が挙げられます。そして、FXにあって外貨預金に無いものはレバレッジで、大きな取り引きが可能だというところです。そして外貨預金は、外貨によって大きく金利が異なりますが、金利が大きいのは国の経済が不安定であるという意味も含んでいるのです。